2014年05月27日

マークⅡアイドリング不調直りました。

時々アイドリング不調になるマークⅡの修理のご用命をいただいた。
早速、試運転確認。
しばらくすると、確かにアイドリングが2000回転 ぐらいまで上がってしまう。
しかも回転がスムーズではない。
テスターで診断するとVVTのオイルコントロールバルブの不調の診断コードが確認できた。
確かにオイルコントールバルブが故障するとこのような故障症状が出てくる。

単体で調べたが特に問題ないようだ。
その他の考えられる部品も調べたが、問題ないようだ。
となると、エンジンコンピューターの故障かもしれない。
早速コンピューターを調べてみることにした。

原因がわかった!!
エンジンコンピューターの不調でVVTが制御できていなかった。
中古のコンピューターに交換することでお客様にご了解いただいた。
この車はイモビライザーがエンジンコンピューターの中にあり
イモビライザーを再登録しないとエンジンがかからないようになっている。
そこで、いつも助けていただいたいる豊田市広田町にある久野防犯センターの久野さんに
作業をお願いすると出張で作業していただけることになった。

久野さんにイモビライザーのデーターを入れ替えていただき
エンジンスタートするとアイドリングは安定している。
無事に修理完了!!!
お車の修理のご用命お待ちしています。



同じカテゴリー(自動車修理)の記事画像
ヘッドライトクリーニング パートⅡ
ヘッドライトクリーニング
スカイラインGT-Rの修理がんばりました。
エンジン不調の車、修理しました
同じカテゴリー(自動車修理)の記事
 ヘッドライトクリーニング パートⅡ (2015-07-12 14:43)
 ヘッドライトクリーニング (2015-07-07 12:44)
 スカイラインGT-Rの修理がんばりました。 (2013-08-05 19:53)
 エンジン不調の車、修理しました (2013-06-10 19:46)

この記事へのコメント
オーナーです。
明日また別件ですがお願いします!
無理いってすいません。
Posted by jzx110 at 2014年07月18日 21:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。